マリーザ・モンチの来日に寄せて【マルシア】 | モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2019

マリーザ・モンチの来日に寄せて【マルシア】

2019.09.24
マリーザ・モンチの来日に寄せて【マルシア】

ブラジルが誇る大スターの貴重な日本公演に期待

偶然にも、彼女と私はデビューした年が同じ1989年で、今年はちょうど30周年ということになります。
私は日本で活動をしている為、これまで彼女の活躍を生で見られる機会がほとんどありませんでしたが、彼女がブラジルの大スターであることは当然ながら存じております。

多彩な才能でジャンルを越えた音楽パフォーマンスを魅せてくれる彼女を、私は20代の頃からリスペクトしてきました。
今ではネットでも購入して聴けるようになりましたが、以前は、ブラジルに帰るたびに、CDショップで彼女の作品を買うのが楽しみでした。

今回、彼女が日本でどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか、今からとても楽しみにしています。

皆さまも、是非、ブラジルの風と香りをマリーザ・モンチのライブで感じてください。

マルシア  歌手・女優

ブラジル・サンパウロ州生まれの日系3世。17歳の時に作曲家・猪俣公章にスカウトされ単身来日。1989年に「ふりむけばヨコハマ」でデビューし、その年の各新人賞を総なめに。2016年のリオデジャネイロ・オリンピックの際には、現地で開催された国際文化交流コンサートに東京スカパラダイスオーケストラらと出演し、地元メディアでも話題となった。今年2019年はデビュー30周年を迎え、9月にミニ・アルバム「真夜中のささやき」をリリース。女優としても、最近ではドラマ「ルパンの娘」への出演が話題で、2020年はミュージカル「アナスタシア」への出演も決定している。 https://www.watanabepro.co.jp/mypage/20000004/

シェア

75

ツイート

0
記事一覧へ戻る
トップへ戻る