モントルージャズフェスティバル・ジャパン

MESSAGE

GILLES PETERSON

東京で開催される、モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015に参加できて、本当にうれしく思っている。
ずっと若い頃から、スイスのモントルーに出掛けては、ジャズのエネルギーを存分に味わっていたものだった。
アンディ・ナレル、マイケル・アーバニアク、ミシェル・ペトルチアーニ……そこでみんなからいろいろ学んだんだ!
それから10年間、モントルーを主催する側に回り、今回日本での出演者に加われたのは、自然の成り行きと言っていいね。
すばらしい一夜を楽しみにしているよ。

It's an absolute pleasure to take part in the Montreux Tokyo night.
From a very young age I would go to Montreux in switzerland to get my dose of jazz energy
from Andy Narell to Michal Urbaniak to Michel Petrucciani - I was educated there!
And to spend 10 years curating in Montreux
And now to be part of the festival in Japan is a natural path for me.
I look forward to this beautiful evening.

GILLES PETERSON
ジャイルス・ピーターソン

TOSHIO MATSUURA

半世紀続くヨーロッパ最大のジャズ・フェスティバルの東京開催を祝うと共に、
その記念すべきときに自分がDJとして、そしてHEXを率いてステージに立てるのはこの上ない喜びです。
地元代表として全力で日本のクリエイティビティを皆さんの前で披露したいと思います。

I celebrate that the biggest European Jazz Festival continues over half a century is held in Tokyo.
On such a memorable moment, it is a great pleasure to play myself as a DJ and also stand on the stage leading HEX.
I would like to show Japanese creativity with my all efforts as a local representative.

TOSHIO MATSUURA
松浦俊夫

MOCKY

モッキーは日本のために作られたと言っても過言ではありません。
日本で演奏することを長い間心待ちにしてました。
モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015で演奏できることは大変な名誉です。

Mocky was made for Japan.
I've been patiently waiting for my chance to bring my music there !
Playing at the Montreux Jazz Festival Japan 2015 is a huge honor !

MOCKY
モッキー

EDDIE C

今年のモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015に参加することができてとても光栄です!
特にポスターを見ていると本当に信じられないよ。
ジョン・マクラフリン!ジャイルス・ピーターソン!
一体僕がどうして選ばれたのか気になってしまうよね。今まで書いてきた音楽でなのか、DJとしてのスキルでなのか。
ジャズはどんな表現においても自分の中でずっと大きな部分を占めてきたんだ。
90年代後半、カナダの大学でジャズを学んでる四年生に向けて、
ジャズ演奏と即興における現代表現としてのターンテーブリズム、という講義をしたんだ。
今考えるとおかしいけど、同じ頃、日本にも同じような事をやってた人がいたんだろうね。
大好きな日本の皆さんに向けて、自分がいま愛してやまない音楽を披露できるのは本当に楽しみです。
待ちきれないよ!

I'm thrilled and honoured to be asked to be a part of the Montreux Jazz Festival Japan this year!
In fact, I can hardly believe it looking at the poster especially.
John McLaughlin! Gilles Peterson!  
I have to wonder if I'm included due to the music I've written or for my presentation skills as a DJ?
Jazz, in all its manifestations, has always been a huge part of my life.  
In the late 90s I was in University in Canada and gave a lecture and presentation to my 4th year Jazz class
on Turntablism as a modern expression of Jazz performance and improvisation.  
Almost funny to think about now,
But somehow I imagine there were people in Japan doing the same thing at the same time!
How wonderful to get the opportunity to present all the forms of music.
I currently love to my favourite audience in Tokyo! I can't wait.

EDDIE C
エディ・シー

CHASSOL

親愛なる皆さん、
来る10月1日に
10,000 キロの彼方から東京のアナタの元へ。
モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015のお陰で
ローレンス・クライスをドラムに迎え、
私自身がピアノを担当し、最新のショー「BIG SUN」をお届けします。
リキッドルームに登場するのは、我々だけではありません。
モッキー、松浦俊夫、そしてジャイルス・ピーターソンが
同じステージに登場します。是非来てください。会場でお会いしましょう。
ピース

Dear Friends,
On the 1st of October we're gonna make 10,000 kilometers
To reach YOU in Tokyo
Thanks to the Japan - Montreux Jazz Festival
Lawrence Clais on the drums and myself on the pianos are gonna play
Our new show
BIG SUN
It's gonna be at LIQUIDROOM
We won't be alone
because MOCKY,TOSHIO MATSUURA and GILLES PETERSON
are gonna share the stage with us
Just come… and sure, I'll see u out there
Peace

CHASSOL
シャソル

PSYCHEMAGIK

東京で開催されるヨーロッパのジャズ・フェスティバルでプレイできることは
大変な喜びであり、とても誇りに思います。
サイケマジックがこのような栄えある場に呼んでいただけたことは光栄で、
プレイするのが待ちきれません!

It is with great pleasure and deep pride
that we are about to play at the European Jazz festival in Tokyo.
What an honour it is for Psychemagik to be asked to play
at this prestigious event,
We are very excited be there!

PSYCHEMAGIK
サイケマジック

EARL ZINGER

90年代の初め、モントルー・ジャズ・フェスティバルで初めて演奏をした。
ステージに立つことができて、忘れられない夜になった。
その時にクインシー・ジョーンズと、更衣室代わりのキッチンで会った。
ジャイルスは次の日ディナーに招待され、まったく新しい物語が始まった。
ジャイルスと一緒にギグであれこれ実験するのは楽しいね。
何が起こるか、どこへ向かって進んでいくか、全然わからないのがいい。
東京の友人たちは、いつでも刺激的な、すばらしい雰囲気作りをしてくれる。
フェスティバルが待ち遠しいよ。

I first played the Montreux jazz festival in the early nineties.
A memorable night as when we came off stage
Quincy Jones was there to meet us in a Kitchen that was doubling
as a changing room.
Gilles was invited to Dinner the next day and a whole new story was born.
 I am enjoying experimenting with the gigs that I am doing with Gilles
- we never know what will happen or which direction they will go in.
My friends in Tokyo always make a good environment to be inspired,
So I'm looking forward to the festival.

EARL ZINGER
アール・ジンガー

MELANIE DE BIASIO

演奏をもっと楽しみたいなら
本物を味わいたいなら
来て、そして参加して下さい
10月10日
クラブ UNIT
モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015
私の名前はメラニー・デ・ビアシオ

If you wanna live more than a performance
If you wanna feel real experience
Come and join us
October 10
At the club Unit
For the Montreux Jazz Tokyo Festival
My name is Melanie De Biasio

MELANIE DE BIASIO
メラニー・デ・ビアシオ