YOSI HORIKAWA (JP)

環境音や日常音などを録音・編集し楽曲を構築するサウンド・クリエイター。2009年にフランス Eklektik Records からEP “Touch” でデビュー。2011年 Red Bull Music Academy、2012年にSónar Barcelona に参加。同年6月、EP”Wandering”をリリース、Time Out Tokyo誌においてその年のベストアルバムに選出される。2013年6月、初アルバム『Vapor』をイギリスFirst Word Records よりリリース、世界ツアーを行う。Dimensions や Tauron Nowa Musyka 等の大型フェスティバルや Boiler Room を含む12ヵ国19都市での演奏を行う。音楽誌「XLR8R」の2013年注目すべきアーティストに選ばれるなど世界から注目を浴びる。The Japan Times 誌や様々な媒体においてアルバム『Vapor』が Best album of 2013 に選出される。2014年にはLAの LOW END THEORY、MUTEK、そして世界最大級のフェスティバル Glastonbury festival に参加。また自身の音楽制作過程を追ったドキュメンタリームービー”Layered Memories”が完成。2015年にはGilles Petersonの主宰するフェスティバルWorldwide Festivalに参加。その他、FM J-WAVEでの番組”Gratitude”のテーマ曲制作やデザインイベントANY TOKYOでのサウンドデザイン、また光州デザインビエンナーレにおいて建築家隈研吾の作品でのサウンドデザイン、CM音楽、また日本科学未来館におけるiPS細胞関連の常設展示でのサウンド全般を担当する等、多方面で活動中。